一般社団法人日本パン技術研究所 フードセーフティ部
AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システムのホームページ
Foodsafety Top
AIBフードセーフティ(GMP)監査・指導システムは、安全な食品を製造するためにとらなければならない行為のガイドラインであるGMP(適正製造規範)を重視した食品安全管理システムです。

このシステムは、60年以上の活動実績があり、諸外国ではこのシステムの有効性が認知され、食品工場のみならず、流通倉庫や包装資材製造施設を含む原材料供給業者などの幅広い業種で活用されております。
JIB(一般社団法人日本パン技術研究所)は、AIB(米国製パン研究所)とライセンス契約を結び、本システムを日本へ導入し、依頼施設の食品安全管理体制の強化・徹底を支援する活動を行っております。
食の安全と安心を求めて 評価方法
システムの概要 システムの特徴と効果
サービス種別 申込書と統合基準

GMP(適正製造規範)

GMP(適正製造規範)は、
・従業員・設備および器具
・除外事項・製造および工程管理
・工場および敷地
・倉庫および流通製品
・衛生作業・原料受入基準
・衛生施設と管理
などについて策定されています。AIB国際検査統合基準はGMPを基礎にして
作成されています。また、GMPは、HACCPの構築には必要不可欠なものです。

AIB(米国製パン研究所)

製パン・製粉技術者の育成のために設立された機関。1948年、FDAの食品安全に関する摘発に対し、AIB会員であった民間企業からの要請を受けてAIB内にフードセーフティ部を設け、工場内での食品安全衛生管理の構築、強化の支援を実施しています。

JIB(日本パン技術研究所)

製パン技術者の育成のために設立された機関。AIBフードセーフティ(GMP)指導・監査システムの有効性を確認後、本システムを日本へ導入するために2001年JIB内にフードセーフティ部を設立。現在日本人による本AIB活動を実施しています。